わからない時は

No Drink, ノーライフ > 暮らし > わからない時は

わからない時は

実際にノートパソコンの前に座りつねに上下している市場を眺めているとすぐに売り買いをしたいという欲求に追い立てられる場面も少なくありません。

 

しかし、はっきりしない勘で売り買いをすることは、絶対に避けてほしい。

 

知っての通り、マーケットは1日中、常時いずれかの国の市場は開かれているしマーケットもいつでも動いています。

 

とは言っても、売り買いをしているとそれだけ損失が生じる危険性が上がります。

 

言うまでもなく、売り買いの回数を積む事で、だんだんと勝つ可能性が半々に近づくのは事実です。

 

しかしこの事は「はっきりしない思いつきで注文」とは別の問題です。

 

売り買いの回数を重ねるということは自分で「ここで勝負」と考える感覚を得られた状況でのエントリー回数を積み重ねるという意味である。

 

格段の理由がなく、次々とエントリーを重ねるのとは大きく違います。

 

外国為替市場の駆け引きに立ち向かうためには、あなたが意識して緩急をつけることが肝心です。

 

「ここは!」とよく考えた相場の時には迷わず持っているポジションを増やして、徹底的に利益を求めます。

 

「明らかに難解な外国為替相場でどう動くのか考え付かないな」と感じたならば、諦めて所有ポジションをひとつも残さないで諦めて何もしない。

 

それぐらいの緩急をつけた方が最終的にはトレードはうまくいきます。

 

市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

文字通り言葉どおりだと思います。

 

相場とは常にポジションを所有する事が重要ではなく、ポジションを保持せずじっと待っている事も場面によっては相場なのである。

 

では、どういう時に、休むといいのでしょうか。

 

ひとつめは、前述したように、直近の為替相場が曖昧で理解できない時です。

 

現状からドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、考え無しで行動すると、自分自身の考えた台本とは逆にマーケットが動いてしまい損する事になってしまいます。

 

そのため、こういった場合はポジションを0にして、そのままの状態で静観しているのが最良の選択です。

 

もうひとつの場面は、自分の体の具合が変なときです。

 

体の状態と外国為替市場に関係しないと考える投資家もいるでしょうが実際には大きく関係あります。

 

体の具合がすぐれなければ外国為替市場の大少なところで、落ち着いた決定が難しくなります。

 

興味がわかない時は相場から遠ざかる事も大事なことだ。

 



関連記事

  1. トラックを売ってすぐに現金を手にする方法
  2. ちょっと二日酔い気味
  3. わからない時は
  4. テスト