比較してみる

No Drink, ノーライフ > 注目 > 比較してみる

比較してみる

特定調停も任意による整理と同じく、お金の貸し手に対し借金の支払いを継続していくことを前置きとした債務を整理する形です。

 

他の表現でいうなら裁判所が間に入る債務の整理といえます。

 

この方法も任意整理による方法と同じように自己破産手続きとは違って特定の借金のみを整理していくことになるので、連帯保証人が付いている負債額以外について手続きする場合や住宅ローン以外だけを検討していく際等においても使用することも可能ですし全ての財産を手放す必要がありませんので、株式や土地などの個人資産を所有しているものの、手放してしまいたくない状況であっても活用可能な債務整理の手続きになるでしょう。

 

手順を踏んでからの返済に必要となる額と収入額を検討し、妥当な範囲で返済の計画が立つようならばこの特定調停による手続きで進めるほうが良いといえますが、破産宣告のように借金そのものが消えてしまうのではありませんので、元金の総額がかなりある状況では実際に特定調停による手続きを踏むのは困難であるといえるでしょう。

 

いっぽう、この手順は公的機関が間に入るため司法書士等にゆだねなくても不利になることはないということや、手続きのための諸費用を圧縮できるというメリットは魅力的ですが、債権者それぞれの催促に対して回答していくことになることとか、実際の裁判所にことあるごとにおもむくことが必要になるという留意点もあります。

さらには、任意による整理と比較してみると、この方法で同意に達しないといった場合は年利をそのまま付けた金額で返済していく必要があるという点や結果としてはそれら債務者へ返す額が任意整理による手続きと比較して割が合わない傾向があるというような覚えておきたい点もあります。

 



関連記事

  1. フラッシュモブを改めて考える
  2. イマドキのプロポーズのやり方
  3. こんなに激務なのに痩せない私
  4. 頼りになるフラッシュモブ代行会社
  5. 比較してみる
  6. 筋肉を減らさないダイエット
  7. テスト